Be Easy Brewing
Aomori Craft Beer
Farm

 

Be Easy ファーム

次なる大きな私たちのステップは、できるだけ環境にやさしく、自給自足できるようになること。私たちの畑にビール醸造で使用済みのモルト等を堆肥として使用し、作物を育てている。また、農薬や他の肥料は使用していない。昨年は、この方法で、数百キロの野菜を育てることができ、それを「ギャレスのアジト」で提供できた。

この方法で、新鮮で、安全な野菜を提供できるだけでなく、無駄な二酸化炭素の排出を減らすこともできている。世界中から輸入されている野菜を買うよりは、10分ほど離れた畑でとれた野菜を使うことで二酸化炭素排出削減に貢献している。畑2年目の今年は、去年よりも多くの野菜を育てることが目標だ。新鮮で化学肥料を使わないオーガニックな野菜を「ギャレスのアジト」で提供していきたい。

また畑でアメリカンカスケードホップも栽培している。このホップを使って、フレッシュホップビールを毎年醸造している。将来的にもっと多くの種類のホップを増やしていきたい。

Be Easy Farm  

With our brewery and taproom established, our next major step is to become as environmentally friendly and as self sufficient as we can.  Our farm is used for dumping our spent grain, where it becomes an organic fertilizer for the crops that we grow.  We use no chemicals and no fertilizers besides the malt from brewing.  Last year was our first attempt and we were able to grow hundreds of kilograms of vegetables for use by our taproom kitchen.

This process not only grants us some of the freshest and cleanest vegetables available, but also reduces our carbon footprint.  Instead of buying vegetables that have possibly been shipped in from all over the world, we can take our truck the short ten minute drive to our farm and harvest from there. This is our second year at farming and we plan on growing and harvesting more than we can use.  We will try to always have some fresh, chemical free organic produce available for next to nothing in our taproom.

We also have American cascade hops growing on our farm.  We use these in our annual fresh hop beer that we brew.  In the future we hope to add a few other varieties as well. 


          
0172-78-1222
青森県弘前市松ケ枝5-7-9(〒036-8042)
sc